シャドールと、ときどき環境

シャドールとかの話してる

デッキ選択

えーまずは謝罪から

前記事で閃刀姫の話するよ!って言いました

ごめんなさい、書くこと多すぎてまとまりません☆

研究はほぼ終わってるのですが、その膨大な量を自分でも把握しきれていないというのが正直なところです...

その前にどうして閃刀姫、ひいては所謂ロービートや罠ビばかり握るのか、という話でもしようかなと

 

今環境、なかなかに群雄割拠ですね

トップ(サンドラオルフェ転生)を中堅(閃刀姫サブテラーオルガ)、更に下位(セフィラノイドエンディミオンサイバー機界騎士魔術師)が追いかけており、メタゲームが多様化しています

f:id:shaddoll_oz:20190509125050j:imagef:id:shaddoll_oz:20190509125054j:image

サイドの構築に頭を抱えている方も多いのではないでしょうか?

今期のデッキにまず求められるものは

①転生オルフェの展開に対抗しうる誘発の枠を相当数確保できること

②先攻超雷に対する回答を準備できること

③そのうえで高い安定性を誇ること

まず下位から見てみます

若干ディスりになりますが許してください

それぞれ1〜5点で私見で採点してみました

セフィラ①1②1③5

ノイド①2②4③2

エンディミオン①2②4③4

サイバー①2②3③3

機界騎士①4②3③3

魔術師①3②2③2

...と個人的にはあまり高くないのが正直なところです

この段階で下位の選択肢は捨て、トップか中堅かになりました

続いてトップと中堅をデッキタイプに分けてみましょう

展開系 オルフェ 転生 サンドラ(?)

罠ビ系 閃刀姫 オルガ サブテラー

綺麗にトップと中堅で別れました

コナミ神のリンク推しの賜物ですね()

 

話は変わりますが僕の歴代デッキを見てもらいたいと思います

2014.10〜12 影霊衣

2015.1〜3     白黒シャドール☆

2015.4〜9     星因士☆

2015.10〜12 帝王

2016.1〜3     SR彼岸☆

2016.4〜9     カエル☆

2016.10〜12 十二獣シャドール☆

2017.1〜6     真竜☆

2017.7〜9     サブテラー

17.10〜19.1 引退。゚(゚´Д`゚)゚。

2019.2〜       閃刀姫&オルターガイスト

懐かしい面々ですね...

☆はCS入賞できたデッキです(ドヤ

見事に展開系ないです

展開系を回すのに必要な技術、それは全展開ルートの深い理解だと思います

各種誘発のケアが今日では最も大きな部分を占めます

僕にはこれが無理です

特に誘発を増やす誘発と異形の存在である増殖は致命的です

1ターンに2〜3回の特殊召喚するデッキで精一杯

僕が展開系を選ばない理由がもう一つあります

それはデッキ構築の幅の狭さです

正直知っているカードの量には自信があります

そのなかからメタゲームを仕掛けられたり、不意をつくカードを探し、トップに食い下がる

これがプレイヤーとして非常に肌に合っているように感じます

具体例をあげるなら【カエル】の銀幕の鏡壁、【白黒シャドール】のガガガザムライでしょうか

共にCSに周りからの反対を押し切り連れて行き、大活躍してくれました

特に後者は対戦相手全員が多少動揺してたのは見てて嬉しい限りでした

メタかつ不意をつくをデッキ全体でやったのが【十二獣シャドール】ですが、それはまた別の記事で

 

閑話休題

誘発ホイホイなオルフェ転生が選択肢の外に出たのはご理解頂けたかと思います

では、サンドラは?

彼らも誘発ホイホイですが、オルフェ転生ほどではありません

罠ビばかり選ぶ最後の理由、「ミラーの不毛な試合」をなくしたいためです

サンドラミラーは超雷をいかにして突破するかにかかっています

ですが、どうしようもない手札になることも多くあると思います

f:id:shaddoll_oz:20190509125224p:image

かつての【EM】ミラーでのショックルーラー、【影霊衣】ミラーでのリリーサー付クラウソラスなども同罪です

これらはカードゲームの醍醐味であるプレイングを否定します

要はどれだけ使用者が下手くそでもこちらに回答がないと負けるのです

......つまんなくない?

こういった経緯を経てトップ3デッキは諦めました

現在フルで回せるのが閃刀姫とオルターガイスト、汎用パーツが抜けているのがサブテラーとなっています

 

今期は冒頭でも述べたように群雄割拠しているため、こういった選択ができました

では圧倒的な一強環境の場合どうするのか

近年だとSPYRAL環境が該当します

僕はあくまでメタ側に回ります

一強環境というのは2位以下ととてつもないデッキパワーが開いているマイナスと同時に、2位以下は1位を全力でメタればいいという利点もあります

例えば【SPYRAL】はジーニアスとRESORTによる潤沢なサーチ、複製術とダブルヘリックスによる展開力を起点に連続リンク召喚を決めるデッキ

そこをメタるので例えば古典的ですが、ライオウやダークロウ

しかしタフネスやダンディといった抜け道が存在するので効果無効をこちらはぶつけていくことになります

少しずつデッキの輪郭が見えてきたのではないでしょうか?

 

おそらく次回改訂で【閃刀姫】は衰退でしょう

シズク制限だと睨んでいます

下手したらマルチロールもです

残り2つはノータッチだと思いますので、またしっくり来るデッキが来るまでまったり使っていこうかなと思ってます

 

おまけ

そういや中の人Twitterやってるんでフォローおなしゃす

@elshaddolloz

まあ基本的にTwitter検索から来てくれてると思うんですけど...

 

「お前の言いたいことわかんねえよ日本語勉強し直せ」って方へ

閃刀姫組むとき非常に参考にしたあおい ういさん(こういうの本人の許可取らなくていいのだろうか...)のブログの記事も読んでもらえればと思います

大変恐縮ながら言いたいことほぼ同じです